スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

―Capture1―

―5月23日―
「・・・はぁ」
退屈な数学の授業。先生の声が子守唄みたいに聞こえてくる所為でさっきから授業なんか耳に入ってこない。周りの友達も半分は眠りこけてたり、隣の席の子とお喋りしたりして私と同じように聞いていない。先生は気付いていないのか、さっきから黒板と睨めっこ状態だから仕方ないか。
「・・・はぁ」
何度目か分からない溜息を吐く。
「私・・・こんなに弱かったかな・・・」
勿論、今までもこんな気持ちにならなかったわけではない。けど今回は何か違う気がする。断言はできないが直感がそう言っている気がするのだ。
「もう・・・すぐなんだよね・・・」
嫌でも思い出してしまうあの日。嫌でも来るあの日。私の誕生日でありながら彼の・・・雪真の命日。
「6月・・・2日か・・・」
本当は楽しいはずの誕生日を迎えるはずだった去年。人生で一番思い出に残るはずだっただろう。
「あは・・・。本当、忘れられない誕生日・・・だよ・・・」
乾いた笑いと共に、また涙が溢れそうになる。我慢しないと・・・、そう思うが思うようにいかない。
「っ・・・っく・・・」
声を押し殺す。いくらざわついているとは言え、声をあげて泣いたら周りにも聞こえるだろう。
「大丈夫や・・・」
「くー・・・ちゃん・・・?」
「ええねん。な?また雪真のこと、思い出してんやろ?」
「うん・・・」
いつの間に気付いたのだろう。くーちゃんが優しく声をかけてくれていた。そして、うんうんと頷くと
「先生!藤瀬さんが気分悪いそうなので保健室連れて行きますわ」
「楠原?・・・分かった。行ってきなさい」
そう言って教室から連れ出してくれる。さすがはクラス委員長。頼もしいな。
「くーちゃん・・・」
「分かってる、屋上行こか?」
「・・・うん」
くーちゃんに連れられて屋上へ。くーちゃんには、雪真のことでいつも助けられてばかりいる。
「なぁ、愛奈?」
「・・・なぁに?」
「やっぱ・・・辛いんか?」
「うん…」
「・・・うちでいいなら聞いたる。話せる範囲でもええ。愛奈の気分が晴れるまで、うちに話したらええ」
「うん…」
くーちゃんの優しさに甘えるように口を開く。
「あのね・・・」
いつも大抵同じことばかり話すのに、何も言わずに聞いてくれるくーちゃん。楠原渚、それがくーちゃんの本名。中学校の入学の時に席が隣になって・・・。それからは雪真と結衣とくーちゃんと・・・。出会ってからは4人でよく行動してたっけ。あれからもう何年も経って・・・。雪真が・・・。雪真が死んで・・・。
「雪真・・・。雪・・・まぁ・・・」
「うん、うん。大丈夫や。今はうちしかおらん。泣いてもええんよ」
そう言いながら背中をさすってくれる。本当はくーちゃんも悲しいはずなのに・・・。くーちゃん…。雪真が死んだ日、泣いてたはずなのに…。ごめんね…。………………………。

結局、私が泣きやんだのは、それから30分くらい経ってからだった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。